軽自動車の任意保険料も見積もり比較が決め手

軽自動車 任意保険料

軽自動車の任意保険料には各社で想像以上の開きがあります。

任意保険料の疑問や悩みの即効薬は各社の見積もり比較です。


でも1社ずつ見積もりを取るのは時間も労力もとても大変。
一番安い保険会社を漏らしてしまうかもしれません。


一括見積もりは何百万人もの人が利用する【無料】見積もり比較の定番です。

一度の申し込みで望む数の見積もりを一挙に比較することができます。


今、人気の代表的な一括見積もりは、保険スクエアbang!、インズウェブ、カービュー

毎年利用者が増えていることが安心と使いやすさの証です。


軽自動車の任意保険料|一括見積もり利用者の口コミ・体験談

軽自動車 任意保険料

一括見積もりは軽自動車の任意保険料の疑問・悩みにうってつけの無料サービス。

一括見積もりサービスはまさに自動車保険の見直しのためにあるようなサービスです。


でもネットでの見積もりの経験のない方は不安が残るかもしれません。

入力が面倒じゃないの?

補償内容の比較は大丈夫?

ロードサービスの比較が分るだろうか?

後で強引な勧誘があるのかもしれない?

そのような時、まずは一括見積もり利用者の体験談や口コミをご覧ください。


利用者の声はこちらです こちら 保険スクエアbang!の口コミ・体験談

軽自動車の任意保険料|一括見積もりでの比較例

軽自動車 任意保険料

まずはご覧ください。一括見積もりによる比較の一例です。
軽自動車の例ではないですが、各社の任意保険料の違いが一目で分ります。


30代家族(※保険スクエアbangの公式ページから引用)

■年間保険料(対人-無制限、対物-2千万円、搭乗者障害-1千万円、人身障害-なし)

  • チューリッヒ     37,080円
  • ゼネラリ       37,910円
  • セコム損保      38,260円
  • アクサダイレクト   40,280円
  • アメリカンホーム   42,250円
  • ソニー損保       42,760円
  • そんぽ24       43,290円
  • 三井住友海上   50,040円
  • AIU      52,520円
  • あいおい損保    52,800円
  • 日本興亜損保   57,540円
  • 富士火災     56,990円
  • 東京海上日動   57,770円

【条件】 住所/東京、年齢/33歳、次契約/14等級、30歳以上担保、走行距離10000km、車体/ホンダ・ステップワゴン、型式/RF7、使用目的/レジャー、免許証の色/ゴールド、運転する家族/配偶者(30歳)、家族限定/なし、エアバック、ABS装置/あり、車両保険/210万円(一般、免ゼロ付)


比較できるのはもちろん保険料だけではありません。
補償内容、事故対応サービス、ロードサービスなども比較できます。


軽自動車の任意保険料|乗り換えでも等級の引継ぎは心配ありません

軽自動車 任意保険料

●自動車保険乗り換えでも等級は引き継がれます

一括見積で自動車保険の見直しを行い保険会社を乗り換える時でも、自動車保険の等級は心配なく引き継がれます。

保険会社が変わるからといって新規加入時の6等級に逆戻りすることはありません。

等級制度(ノンフリート等級制度)はすべての自動車保険会社が統一的に取り扱いことになっており、一人一人の保険証券の契約番号は保険会社同士で共通のデータとして共有されています。

等級が引き継がれるからこそ各保険会社は自社の自動車保険への切り替えを勧めたり宣伝したりすることができるわけです。

自動車保険の見直しで等級の心配はしなくても良いということです。


●自動車保険は各社の保険料やサービスの違いが重要なポイント

自動車保険の完全自由化以来、欧米ではポピュラーなダイレクト販売、リスク細分のよる適正価格(代理店経費20%を欠けない"安さ")をセールスポイントに売上を伸ばしている通販自動車保険が台風の目になって、各保険会社は熾烈な競争を行なっています。

これは私たち消費者にとっては良いことなのですが、反面、競争する各社の取り扱う補償や費用の違い、通販型と代理店型、リスク細分型と従来型の違いなど商品のタイプの違いによって最適の自動車保険選びが簡単でなくなっているのも事実です。

自動車保険見直しのためには、各社の特徴の違いを比較することが欠かせませんが、数多の保険会社の多様な特色を持つ自動車保険を一つ一つ比較するのは非常に大変な作業になります。

そんな時に役に立つサービスが「自動車保険一括見積サービス」です。

ネットの自動車保険一括見積は、

・複数の会社から条件に合う最適な保険会社を絞り込むことができる
・1回の入力で複数の保険会社に見積り依頼が行なわれる
・メール又は郵送で回答が届くので簡単・便利

というメリットがあり、自動車保険を「安くしたい!」「見直したい!」という時に欠かせないステップです。

各保険会社の見積り資料によって行なう比較・検討ほど確実なものはありません。

更新の通知があったら、一度、一括見積サイトを利用して見てください。

自動車保険各社による自動車保険料金の違いに本当に驚くと思います。

同じ条件なのになぜこんなに保険料が違うのかという疑問が見直しの本当のポイントを教えてくれるでしょう。


●身近で「プロ代理店」が見つかりますか?

通販自動車保険のテレビコマーシャルが毎日頻繁に流され、まるでダイレクト系の自動車保険の日本におけるシェアが急拡大しているかのような印象を持ちますが、現実には、ダイレクト系自動車保険のシェアはまだ10%に達していないはずです。

日本の場合、どうしても人とのつながりで取引を行うというメンタリティーが強いのでしょうか、しがらみが残っているうちは自動車保険が高いと思ってもなかなか見直しに踏み切れない人が多いようです。

またネットを見ればわかりますが、従来の保険代理店関係の方々でしょうか、「安い保険は事故の時安心できない」「詳しくなければ通販は危ない」などと、カウンターインテリジェンスに一所懸命のようです。

通販型自動車保険の意義は、業界の90%を占める副業アマチュア代理店が販売して来た従来の任意保険の市場に、代理店手数料(保険料の20%)などの中間コストを省いた画期的な価格のダイレクト販売自動車保険を投入したことでしょう。

保険料の20%もの手数料に値するアドバイスができるプロ代理店(数では業界の10%)は日本に一体どれほどあるのでしょうか。

身近にプロ代理店を探すのが難しい地域の方がはるかに多いのではないでしょうか。

むしろダイレクト系の方が、24時間365日の事故対応受付、365日対応の初期対応サービス(警察、病院、修理工場への連絡等)などで代理店の質に左右されない均質なサービスを高いレベルで提供しています。

代理店型の高い自動車保険は「安心料」で高くなっているのではないことをしめし、中間コストが無い場合の「適正価格」を私たちに教えてくれました。

●一括見積もりは安い保険探しの必須アイテム

完全自由化から10年以上経って、自動車保険は様々な特色を持つ各社の商品の中から選ぶことができるようになりました。

反面、商品が多くなっただけに、それらを一社ずつ比較したくても時間のカかる大変な作業になってしまいます。

自動車保険が安い保険会社はどこなのかは、評判や口コミでもある程度傾向が分かります。

でも自動車保険各社は、例えば、ゴールド免許など優良ドライバーや週末ドライバーをリスク細分で優遇するタイプ、逆に免許の色や走行距離では保険料に違いの出ないタイプ、走行距離では差が出ないがゴールド免許の割引は行うタイプなど、それぞれのターゲットにピントを合わせた特色の自動車保険を販売しています。

一人ひとりの条件の違いによってどこが一番安くなるのかは、具体的に見積もりを比較しないと分からないようになっています。

そのとき力強い見方になるのが、無料の自動車保険一括見積もりサービスです。

自動車保険の一括見積を行なえば同条件の自動車保険の保険料が一番安くなる保険会社を一度の見積もり依頼で知ることができます。

サービスによっては最大15社を超える自動車保険について、事故対応、現場緊急サービス、支払いスピードなどを比べながら見積もりをすることができ、その結果を各保険会社から受け取ることができます。

手元の見積もり資料によってマイペースで安い自動車保険を探せることが一括見積もりの最大のメリットです。



このページの先頭へ